画像撮影の記録はUSBメモリーにいたします。
USBメモリーは各自でご準備下さい。
容量8GB以上のもので未使用のものをお願いします。
撮影は検査説明の間の1〜2分程度に限らせていただきます。
画像撮影だけの超音波撮影は行いません。
胎位により、映り方には個人差があります。
超音波検査により、すべての胎児疾患が判るとは限りません。
USBメモリーに保存した画像データの再生は
パソコンのみになります。
パソコンの環境によって「Quick Time」、「GOM PLAYER」等の
再生ソフトが必要な場合があります。
「Quick Time」での再生方法はこちら
「GOM PLAYER」での再生方法はこちら
(ファイルの再生方法は上記pdfの2ページ目に記載しています。)

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

戻る


HOME